ファンデーションとは|ファンデーションの口コミランキング

ファンデーションとは

ファンデーション(foundation)という言葉を調べると色々な意味が出てきます。 女性といいますか、日本語としてのファンデーションの意味は、やはり化粧品が一番イメージされやすいでしょう。

 

一般的にはベースメイク用の化粧品として開発されていますが、元々ファンデーションとは舞台での演劇などで使われている白粉(ドーラン)を起源として日本で使われていました。 遡るとファンデーションの歴史はとても古いもので、古代ローマ時代に使われたのが始まりと言われています。

 

当時の日本では、今のように特殊な技術があるわけもなく、鉛白(えんぱく)といわれる顔料が 使われていたのですが、毒性の強さから製造が禁止されることになりました。

 

その後もタール色素などの石油由来の成分を配合し作られていましたが、それらには発ガン性があるためシミやくすみの原因だけではなく、諸説からは皮膚ガンも引き起こすと言われています。

 

そうなってしまうと、ファンデーションとは必要な化粧品なのに使うのが怖いと思えてしまうものです。 しかし、最近の製造技術はとても進化していますし、何よりも「お肌に優しいファンデーション」を念頭に作られています。

 

「パウダータイプ」「リキッドタイプ」「クリームタイプ」「ミネラルファンデーション」といったファンデーションの種類が今のベースメイクアイテムの基本となっていますが、どのタイプを使うかは人それぞれでしょう。

 

なかでも「ミネラルファンデーション」は天然の鉱物を主成分としているため、油分や添加物を配合しないことでお肌のトラブルを起こさないようにメイクが出来ます。 そのほかのタイプも油分などを最小限に抑えたものが最近では色々と作られています。

 

ファンデーションとは、直接肌につくものですから、ただメイクのために使う物だと考えてしまうとお肌のトラブルを増やす原因になってしまうのです。 ですから、ファンデーションとはどういうものなのかをしっかりと理解することが大切なのですね。